toggle
2019-11-30

残雪の唐松岳

長大な雪稜から後立山の秀峰・唐松岳へ
八方尾根から見る不帰の嶮は朝日に照らされ赤く輝き、山頂直下の雪壁をゆっくり登ると劔岳が大きく迫ります。

 

日程  4月3日(金)〜4日(土)
集合  八方尾根スキー場ゴンドラ乗り場 12
解散     八方尾根スキー場ゴンドラ乗り場 16時頃
レベル  ADVANCE ☆☆☆☆★★★  レベルについて
定員  6
行動時間  約7時間
保険  雪山までカバーしている保険にご加入ください
ガイド料  一般:¥39,000 会員:¥37,000
 ※交通費・保険代・小屋代・ゴンドラリフト代は含みません
持ち物  雪山一般装備、10本爪以上のアイゼン、ピッケル、ストック(スノーバスケットに替えて)、ビーコン、ハーネス、ヘルメット、環付カラビナ2、ゴーグル、サングラス、オーバージャケット、オーバーパンツ、冬用手袋、替手袋、ニット帽、バラクラバまたはネックウォーマー、ゲイター、ヘッドランプ、防寒着、行動食、保温ボトル、保険証(コピー可)
その他
  • タクシー、ゴンドラ・リフト利用
  • 積雪状況、リフト運行状況によりルート変更、場所変更する場合があります

 

お申し込みはこちら
関連記事